セフレ募集に使われるサービスには、LINEなどの無料通話アプリのほかにも、チャットをメインの機能にした出会い系アプリもたくさんあります。つまり、チャットを通じて、出会いをつくるわけです。

 

アプリによっては、端末のGPS機能を使って、狙い撃ちするものもありますが、出会いまでフォローしているものは少なく、結局最後はLINEの非公認掲示板を利用して出会うことが多いのです。または、結構ユーザー数が多く、アプリ独自の掲示板が備わっているのもあるようです。このように、LINEに制限がかかっても、セフレの相手を見つけることは、全然難しくありません。スマホがあれば誰とでもセフレになれる可能性があるということですね。

 

ただし、これらのサービスには年齢制限がありませんから、下手すると児童買春につながってしまいます。児童買春は立派な犯罪ですから、セフレ探しのつもりでこうしたアプリを使っていると、捕まってしまうことになります。これは冗談ではありません。

 

また、アプリとは違いますが、18歳未満の子が客を求めてセフレを募集している“神待ち”と言うサイトもあります。いろいろ言われている“神待ち”ですが、結局は歳をごまかして男性を騙しているだけで、“割り切り”とかわりません。どちらもけっして良いことではありませんが、法律としては18歳未満はこれをやってはいけないことになっているのです。

 

このように、年齢制限をしてないサービスは、みんな法律的に違法行為となるのです。どうやら合法と呼べるのは、年齢制限を厳しく行っている限られた出会い系サイトだけということになります。セフレ選びに使えるのはどのサイトということがわかったのではないでしょうか。