児童買春とは、金銭の授受を目的として、児童と性交渉をもつことです。国内では「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(児童買春・児童ポルノ禁止法)」が成立・施行され、「児童、周旋者又は保護者若くは支配者に対償を供与」し、性交等をすることとあります(類似行為を含まれます。たとえば児童の性器等を触るのも、自らの性器等を触らせる行為も含まれるわけです)。

 

児童というと、18歳未満の男女を指します。ということはLINEなどの非公認掲示板や数多の出会いアプリを介した出会いは、そのほとんどが児童買春行為に該当してくることになります。ちなみに、罰則規程があり、罪を犯すと、5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金に処せられ、刑の重さもたとえば業務上過失傷害罪よりも重刑となります。セフレを探すのも良いですが、年齢制限がしっかりとられているセフレ掲示板を使うべきでしょう。児童買春の検挙率はけっして低いものではないのです。

 

ちなみに、独身男性が児童買春をして捕まった場合、仕事を失ってしまうのがいちばんの痛手ではないかと思いますが、結婚をしている人なら仕事だけではすまないでしょう。当然、家庭も無くすことになりますし、住み慣れた町も出ていかなければならなくなります。また、友人のほとんどは離れていくかもしれません。児童買春の罪というのは、意外に自分の近場にも漏れてしまうもので、隠してしまえるものではありません。しかも、忘れたころに、発覚してしまうので始末が悪いのです。

 

もちろん、全部が全部、発覚するわけではありませんので、捕まらないのを良いことにして、18歳未満をセフレにしてしまう人があとを絶たない状況といえます。でも繰り返していれば、いつかはかならず発覚してしまうのです。見知らぬ女性を相手にしてしまうときは、相手の年齢に要注意です。知らないで、児童買春してしまうこともあるからです。